ホーム > サポート/お問い合わせ > ご購入いただいたタイヤを正しくお使いいただくために > タイヤのメンテナンス

タイヤのメンテナンス

空気圧管理について

タイヤの空気圧は、定期的(最低1ヶ月に1度)に点検しましょう!

ご存知ですか?タイヤの空気圧は自然に低下します。空気圧が不足した状態のタイヤで走行すると、燃費の悪化、ハイドロプレーニング現象、操縦性や安定性の低下、タイヤトレッド部の偏摩耗など、さまざまな悪影響が現れます。さらには、たわみ運動量が増えてタイヤが異常に高温になり、バーストの危険性もあります。スペアタイヤも含め、すべてのタイヤの空気圧を定期的にチェックして、常に適正空気圧を保つようにしましょう。その際、空気圧の計測は必ず冷間時に行い、走行直後に空気圧を測ったり、空気を抜くことは絶対に避けてください。*自分の車の自動車メーカー指定の空気圧(標準指定空気圧)を確認しておきましょう。

自動車メーカー指定の空気圧(標準指定空気圧)の見方の例。(車種によって異なります)

  • 車両の取扱説明書
  • 運転席側のドア付近
  • ガソリン給油口蓋の裏

【注意】
標準指定タイヤサイズ以外のサイズを装着の場合はタイヤサイズを変更する場合は?を参照してください。

ご不明点があればお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

空気圧の点検・調整

タイヤの空気圧(スペアタイヤを含む)を確認するときは、タイヤ販売店にて、エアゲージによる点検・調整を行ってください。

  • 空気圧は、走行前のタイヤが冷えているときに、自動車メーカーの指定する空気圧に調整してください。
  • 走行中は、タイヤの発熱により空気圧が高くなりますが、高くなった分は絶対に抜かないでください。タイヤが冷えると空気圧は元に戻ります。
  • 空気圧点検後は、バルブからの空気漏れを防ぐため、バルブ口に石鹸水などをつけて空気が漏れていないことを確認の上、必ずバルブキャップをつけてください。
  • 特に、偏平タイヤの空気圧不足は、見た目には分かりづらいため、必ずエアゲージで点検してください。

ご不明点があればお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

タイヤの残溝や外観チェックについて

擦り減ったタイヤは危険です!

乗用車タイヤの溝深さの使用限度は残り溝1.6mmです。それ以前に新品タイヤと交換してください。タイヤには1.6mmを示すスリップサインがあります。詳しくはタイヤの使用限度についてをご参照ください。

ご不明点があればお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

タイヤに傷や変形はありませんか?

タイヤに、傷や変形があるとバースト等の重大な損傷を引起す可能性があります。

ご不明点があればお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

より長くお使いいただくために

タイヤローテーションについて

定期的なタイヤのローテーションは4本のタイヤの摩耗を均一化し、タイヤ寿命を長く保つことにつながります。

【注意】
タイヤのローテーションの方法に関しては車両の取扱い説明書をご参照ください。

タイヤの上手な保管方法は?

装着していないタイヤは、ガレージなどの直射日光が当たらない場所(高温・多湿を避ける)に、図のような状態で保管するようにしましょう。また、コピー機のようにオゾンを発生する機器や水銀灯、油脂類など、タイヤを劣化させるものを近くに置かないよう注意してください。このように配慮すると、保管中もタイヤの鮮度を上手に保つことが可能です。

タイヤの修理について

パンク修理はタイヤ販売店にご相談ください

タイヤがパンクした際はタイヤ販売店に相談し、適切な修理を行ってください。タイヤの損傷は外観からは判断できない可能性があるため、必ずホイールからタイヤをはずしタイヤ内側の損傷具合を確認することで修理の可否を判断してもらうことをお勧めします。

ミシュランではパンク修理の際はタイヤ内側からの修理を推奨しています。