ホーム > 失敗しないタイヤ選びのポイント > タイヤの基礎知識 > タイヤサイドウォールマーキングの見方

タイヤサイドウォールマーキングの見方

タイヤのサイドウォールには、そのタイヤに関する情報が満載

【タイヤシリーズ・パターン名】

タイヤシリーズ・パターン名(ENERGY XM1)

【スリップサイン表示マーク】

乗用車用タイヤの溝深さ使用限度は、トレッドウエアインジケーター(スリップサイン)が露出する残り溝1.6mmです。ミシュランの場合、タイヤ側面の小さなビバンダムマークのあるトレッド上にあります。(▲マークやTWIの場合もあります。)

【タイヤ内部構造の表示】

タイヤの内部構造(材質含む)

【最大荷重・最大空気圧】

最大荷重、最大空気圧

【タイヤサイズ】

185 = タイヤ幅の呼称 185mm
60 = 偏平率 60% 
R = ラジアル構造
14 = リム径の呼称

【メーカー名】

【荷重指数】

ロードインデックス(荷重指数)とは、規定の条件下でそのタイヤに負荷できる最大負荷能力(最大荷重)を示しています。

【速度記号】

速度記号は、規定の条件下でそのタイヤが走行できる最大速度を示す記号です。

【タイヤの装着方向】

トレッドデザインが左右非対称のタイヤの場合にタイヤの装着方法の内側外側を表します。
回転方向が指定されているタイヤの場合にタイヤの装着方法を表します。

【DOT(Department Of Transportation) 】

米国運輸省の認証マーク

【製造年週】

2000年以降の製造番号では、下4桁(例1209)の数字で製造年週を示しています。最初の数字12は週(12週目)を、最後の数字09は年(2009年)を示します。1999年以前の製造番号では、下3桁(例159)の数字で製造年週を示しています。最初の数字15は週(15週目)を、最後の数字9は年(1999年)を示します。