ホーム > 失敗しないタイヤ選びのポイント > タイヤ交換のヒント

タイヤ交換のヒント

タイヤの使用限度について

スリップサインって何?

タイヤのショルダーやトレッド面をよく見ると、の印の近くで、溝が浅くなっている部分があります。タイヤが摩耗し、溝の深さが残り1.6mmになると、ここにスリップサインが現れます。これは摩耗の限度を示すもので、運動性能が低下したり、濡れた路面でスリップしやすくなるなどの危険をお知らせするものです。また、1.6mm以下の溝のタイヤで走ることは、道路運送車両法の保安基準により違法にもなります。このサインが現れたタイヤは絶対に使用しないよう、注意しましょう。もちろん、このサインが現れていない場合でも、使用中のタイヤに不具合を感じたときには、早めに交換することをお勧めします。

冬用タイヤの使用限度について

冬用タイヤの場合、凍結路や積雪路における冬用タイヤとしての使用限度は新品時の溝深さの50%までです。使用限度は接地部に冬用タイヤの摩耗限度を示すプラットフォームが露出しているか否かで判断してください。プラットフォームの位置はサイドウォール部にある矢印で表示しています。

乗用車タイヤの溝深さの使用限度は残り溝1.6mmです。それ以前に新品タイヤと交換してください。タイヤには1.6mmを示すスリップサインがあります。

タイヤ/ホイールバランスの重要性

タイヤ交換の際は必ず4本ともタイヤ/ホイールバランスの調整を

タイヤ/ホイールバランスが正しく調整されていないと車両やタイヤに対してさまざまな悪影響を及ぼします。

  • 空気圧は、走行前のタイヤが冷えているときに、自動車メーカーの指定する空気圧に調整してください。
  • 車の振動
  • タイヤトレッド部の偏摩耗
  • 車両のサスペンションやベアリングなど各部品の損傷

タイヤ交換の際は必ず4本ともタイヤ/ホイールバランスを調整してください。バランスの調整についてはタイヤ販売店等へご相談ください。

タイヤをやむを得ず2本のみ交換する際には?(二輪駆動車のみ)

タイヤ交換の際は4本同時に交換することをお勧めしますがやむを得ず2本のみ交換する場合は新品タイヤを後輪に装着することをお勧めします。新品タイヤを後輪に装着することでブレーキを踏んだときやカーブを曲がるとき、特に濡れた路面において車両の安定性を確保しやすくなります。ただし、四輪駆動車の場合は二輪のみの交換により車両故障の原因になる場合があるためタイヤ販売店にご相談ください。

タイヤ本来の性能を発揮し安全性を確保する為には4本同時交換を推奨します。定期的なタイヤのローテーションは4本のタイヤの摩耗を均一化し、タイヤ寿命を長く保つことができる為、2本のみの交換を避けることにつながります。

タイヤのローテーションの方法に関しては車両の取扱い説明書をご参照ください。

チューブレスバルブの重要性

タイヤ交換の際には同時にチューブレスバルブの交換も忘れずに。

チューブレスバルブはごく小さな部品ですが、あなたとあなたのクルマの安全を守る大切な役割を担っています。バルブはゴム素材でできており、使用するうちに性能は徐々に劣化していきます。また、例えば100km/hで走行するクルマのバルブには、約1.7kgもの力が常時かかっている計算となり、交換しないまま長期間使用するとバルブが劣化し、空気漏れやそれに伴うタイヤの損傷を引き起こすこともあり大変危険です。

タイヤ交換時には、必ずチューブレスバルブも一緒に交換するようにしましょう。また、バルブキャップは必ず装着し、しっかり締め付けてください。

タイヤサイズを変更する場合は?

タイヤの負荷能力を確認しましょう!

タイヤはサイズごとに支えられる重量(負荷能力)が決められていてこれをロードインデックス(LI)と呼びタイヤのサイドウォール部に記載されています。この値が純正指定サイズのロードインデックスを下回らないように注意しましょう。また、耐荷重強化タイプを表すエキストラロード(XL)・レインフォースド(REINF)表示のタイヤを装着する場合には、空気圧の変更が必要になる場合があります*。

サイズ変更に伴うロードインデックス(LI)変更時の空気圧設定について

純正指定サイズと同じロードインデックスを持ちXLまたはRENF表示のあるサイズに変更する場合は標準指定空気圧より40kPa多く充填してください。
(例)MICHELIN PRIMACY LC 195/65R15 91V 標準指定空気圧210kPa
⇒MICHELIN PRIMACY LC 215/45R17 91W XL 250kPa

【注意】
サイズ・ロードインデックスにより充填する空気圧が変わる場合があります。詳しくはタイヤ販売店にご相談ください。

タイヤのサイズに注意しましょう!

タイヤの外径は標準サイズとほぼ同じものを選びましょう。タイヤの外径を大幅に変えるとスピードメーターの誤差や車体への接触が生じるおそれがあります。タイヤの幅についても広げすぎると車体に干渉するおそれがあり、危険です。車体への接触やフェンダーからのはみ出しは法規上認められていませんので、必ず適正な幅のタイヤを選択しましょう。

タイヤサイズを変更する場合はタイヤ販売店にて適合サイズ、空気圧に関してご相談ください。

  • タイヤの負荷能力(ロードインデックス)値は標準タイヤの負荷能力を下回らないようにしてください。
  • タイヤ外径を大幅に変えるとスピードメーターの誤差や車体への接触のおそれがあるため、標準装着タイヤの外径とほぼ同じ物を選択してください。
  • タイヤ幅は車体との接触をしないもの、また、はみ出さないものをお選びください。
  • タイヤのサイズを変更した場合は、タイヤの運動特性が変化するので、慣れるまでは走行速度に注意し、急制動、急旋回等を避け、安全運転に心がけてください。

タイヤの耐用年数

タイヤは自動車の安全にとって重要な役割を担っています。一方、タイヤは様々な材料からできたゴム製品であり、ゴムの特性が経時変化するのに伴い、タイヤの特性も変化します。その特性の変化はそれぞれ環境条件・保管条件及び使用方法(荷重、速度、空気圧)などに左右されますので、点検が必要です。従って、お客様による日常点検に加え、使用開始後5年以上経過したタイヤについては、継続使用に適しているかどうか、すみやかにタイヤ販売店等での点検を受けられることをお奨め致します。また同時にスペアタイヤについても点検を受けられることをお奨め致します。また、外観上使用可能のように見えたとしても(溝深さが法律に規定されている値まですり減っていない場合も)製造後10年(注意)経過したタイヤ(含むスペアタイヤ)は新しいタイヤに交換されることをお奨め致します。なお、車両メーカーがその車の特性からタイヤの点検や交換時期をオーナーズマニュアル等に記載している場合もありますので、その記載内容についてもご確認下さい。

使用開始後5年以上:すみやかにタイヤ販売店で点検を!/製造後10年以上:新しいタイヤに交換を!/環境・保管条件および、素養方法(荷重、速度、空気圧)などに左右されますので、お客様による日常点検も忘れずに!

【注意】
ここに記載した10年という年数は、あくまで目安であって、そのタイヤの実際の使用期限(すなわち、継続使用に適していないこと、または安全上の問題があるかもしれないことを示す時期)を示すものではありません。従って、環境条件・保管条件及び使用方法によって、この年数を経過したタイヤであっても、継続使用に適している場合もあれば、この年数を経過していないタイヤであっても継続使用に適していない場合もあります。10年を経過していないタイヤであっても、上記の環境条件等によっては交換する必要がある場合があることにご注意ください。また、この10年という年数及びタイヤ販売店等による点検のお奨め時期である使用開始後5年という年数は、いずれも各タイヤメーカー・販売会社・販売店による品質保証期間・期限を示すものでもありません。